賃貸オフィス


中国進出サポートbanner02
ベトナムの事務所物件市場は、近年、ホーチミン市を中心に品質、供給量ともに過去にない発展を続けてきました。
したがって、借り手にとっては、場所、グレードいずれにおいても選択肢が大きく広がりました。


1.外資系賃貸事務所
外資系賃貸事務所物件のほとんどは、香港、シンガポール、台湾などの不動産ディベロッパーが開発している。 Aグレードの物件が中心で◯◯◯◯や繁華街に集中している。

2.内資系賃貸事務所
旧大手国営企業が開発或いは保有している物件が多い。立地条件のよい物件が手ごろな賃貸価格で借りられるケースが多い。

3.その他
最近は、市内の工場跡地をデザイナー建築風の物件に改修或いは建て直し、IT企業などを誘致している物件も多い。 このような事務所では、商品の展示なども可能な物件が多い。


当社では以下の流れでオフィス用賃貸物件をご紹介致します。


人数増、家賃削減等、事務所の設立もしくは
移転の前提条件を確認致します。


上記条件に従い、見学用物件のリストアップ
を致します。


リスト中の物件のご見学をアレンジ致します。


賃料、契約期間、内装工事期間、広さ等を
記載したオファーレターをオーナーに提出します。
当社スタッフが諸条件の交渉を致します。


上記条件を盛り込んだ契約書を作成し、契約締結となります。


内装工事業者のご紹介が可能です。